とても特徴的な滋賀県グルメ

海無し県のグルメ事情は、海の幸に恵まれる地域に比べれば中々厳しいもの。

しかしそんな滋賀県には、琵琶湖の恵みがもたらす湖水文化ならではの食文化があり、また琵琶湖に飛来し羽を休める鴨も、奈良時代から食用され、郷土料理として定着しました。

中でも、鮎料理本モロコ瀬田しじみ料理などは琵琶湖ならではの美味として、多くの観光客のお目当てとなっていますが、外来種の影響などでその数は激減しており、今や希少な高級料理となっています。

滋賀県に来たら必ず食べよう近江牛

何かにつけてプロモーションが苦手な滋賀県の県民性を表し、ブランド牛としては他県に一歩譲る滋賀県の近江牛。

しかしながらその旨さは「日本三大和牛」として定評があり、松阪牛、神戸牛と並び称されますが、松坂牛や神戸牛が明治以降に飼育が始まったのに対し、近江牛は江戸時代初期には文献にその名前が見られ、400年以上の歴史を持つと言われています。

その生産地は主に、米どころである滋賀県東部の近江八幡や野洲、日野町一帯で、現地に行けば産地直売の近江牛を頂く事ができますが、近江牛の名店として知られる「千成亭」は「国宝彦根城」を擁する彦根市に、明治創業の老舗「松喜屋」や「かね吉」は県南西部の大津市にその店を構え、多くの観光客を今も満足させ続けています。

滋賀県でしか食べられない湖水料理の数々

四方を海に囲まれた日本では、川魚や湖水魚を食べる習慣を持つ地域はそれほど多くなく、料理として確立させていることも稀です。

そんな数少ない淡水魚料理を精錬させ、多くの観光客を魅了しているのもまた滋賀県の特徴。

鮎のお刺身に始まり、天ぷらや鮎ご飯、鮎の丸焼きのフルコースを提供する北小松の「松水」。
滋賀県名産の瀬田しじみをメインに、比叡ゆばや近江牛といった湖国料理の粋を楽しめる石山の「洗心寮」。

湖魚でもっとも美味とされる、滋賀県固有種の希少なビワマスを頂ける長浜の「鮎茶屋かわせ」。

その他、県北部・県営醒ヶ井養鱒場では綺麗な湧水で育てたニジマス料理を格安で頂くことができ、堅田の「魚清楼」では、今ではすっかり高級魚となったホンモロコ料理を頂けるなど、多彩な湖魚料理を楽しむことができます。

湖国料理は滋賀県で楽しもう(まとめ)

旅行の楽しみの一つは、なんといってもその土地でしか食べることができない郷土料理を楽しむこと。
インターネット全盛の現代にあっては、美味しい物はなんでも全国から取り寄せられますが、こと湖魚料理に至っては、焼きたて・作りたてで無ければその美味しさを十分に味わえず、また海の魚と違い、魚体も小さいことからその焼き加減も極めて繊細です。

滋賀県を訪れることがあれば、全国でも滋賀県でしか楽しむことができない湖魚料理の数々を楽しんでみてください。

滋賀おすすめナビ